LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

Google  グーグル「検索」 キーワード入力の規則

Google  グーグル「検索」  キーワード入力の規則

salepro.jp お問い合わせ
お役立ち情報
【無料版の代表的なオフィスの活用】
オープン・オフィス教室
スタースイート教室
ロータス・シンフォニー教室

Google  @入力時での全角・半角は区別はない!

スポンサー

【グーグルの活用】
Google検索術
1.キーワードの入力規則
2.画像検索を使う
3.フレーズ検索で探す
4.フレーズ検索する
5.キーワード候補で検索する
6.キャッシュで読む
7.マイナス検索する
8.「AND機能」の併用
9.OR検索する
10.日本語のページを検索
11.表示設定で言語を指定
Google検索術
1.キーワードの入力規則  検索キーワード入力の規則
2.画像検索を使う  画像やイラストをダイレクトにイメージ検索する
3.フレーズ検索で探す  「・」で区切られた単語はフレーズ検索で探す
4.フレーズ検索する  単語の集まりをフレーズ検索する
5.キーワード候補で検索する  キーワード候補で正確なスペルを確認する
6.キャッシュで読む  消されたホームページはキャッシュで読む
7.マイナス検索する  目的に合わないページをマイナス検索する
8.「AND機能」  「AND機能」と「マイナス検索」で効率よく検索する
9.OR検索する  いずれかの条件に該当するページをOR検索する
10.日本語のページを検索  「日本語のページを検索」ですばやく絞り込む
11.表示設定で言語を指定  表示設定で言語を指定しておく

B検索キーワード以外の「機能」を表示する文字は半角で!

「+」や「”、”」などの特殊な検索を表示する「特別構文」のように「検索キーワードそのもの」以外の記号やコマンドはすべて「半角」で入力します。日本語表記以外は半角で入力すると言う癖をつけておくのもいいかもしれません。

Aキーワードとキーワードの間はスペースで区切る!

検索ボックスに、複数のキーワードを入力することがあると思いますが、この場合、「キーワード同士はスペースで区切る」と言うことを忘れずに!グーグルの場合はこのスペースは全角でも半角でもいいのですが、他の検索サイトでは「半角スペース」でなければ反応しないことがありますので、半角でスペースを空ける癖をつけておくといいでしょう。

@「全角・半角」「大文字・小文字」は全く区別しない!

全角の「GOOGLE」「Google」と「google」は同じものとして扱われます。そのために全角・半角での入力は区別する必要がありません。そのため、大文字や小文字が混在しても単語が正確であれば全く問題なく、同一のものとして結果が表示されます。

@検索キーワードの入力規則

「検索ボックス」に入力する検索キーワードの入力には、間違いも多いので入力規則として基本はしっかりとマスターしておく必要があります。

Googleグーグル「検索キーワード」の入力規則

Google  Aキーワードとキーワードの間は「スペース」で区切る!

Google  B検索キーワード以外の「機能」表示はすべて「半角」で!

salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved
Google検索術
1.キーワードの入力規則 7.マイナス検索する
2.画像検索を使う 8.「AND機能」の併用
3.フレーズ検索で探す 9.OR検索する
4.フレーズ検索する 10.日本語のページを検索
5.キーワード候補で検索する 11.表示設定で言語を指定
6.キャッシュで読む