LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

Windows-Vista   ウインドウズ・ヴィスタ教室

時計市場
ブロガー

Windows Vista  ウインドウズ・ヴィスタ教室

salepro.jp お問い合わせ
お役立ち情報
フリーソフトの活用
グーグルの活用
PC 趣味の活用
NETで稼ぐ
NET環境を整える

スポンサー

Windows-Vista   ウインドウズ・ヴィスタのクラック方法

【ビジネスソフトの活用】
ウインドウズ・ビスタ教室
エディション比較
Vistaクラック方法

 Vistaをライセンス承認までできるクラック方法を検証し、OEM版のBIOSを使って正式承認できる?

 Pradox OEM BIOS Emulation Toolkit Ver.1.0
このソフトを実行しマイクロソフトのライセンス認証方法も可能? 結果を言えば確かに認証までできる気配であるけど、最終的にはOEMのプロダクトキーがわかれば可能ということが判明している。

この画面をクリックして下記の手順で、試してみてほしい。あくまでも自己責任において!

この画面では太字の英数で表示されているキーを「here」に入力しダウンロードする

この「ファイルのダウンロード」画面で「開く」をクリックする。

この「Internet Explorer」画面で「許可する」をクリックする。

ダウンロードしたファイル「OEMtool」を確認し、右クリックして「管理者として実行」をクリックする。

この「OEM BIOS Emulation Toolkit」の画面で「install emuration driver」をクリックして再起動する。

「OK」をクリックする。

再起動後、ソフトが入っていたいるかを確認する。

「ASUS」ファイルを確認したら

「ASUS」ファイルをCドライブの直下に移動させる。

コマンドプロント画面を実行する前には必ず「管理者として実行」をクリックして実行しないと、書き換えができないので十分注意すること!

これは本当に自分のパソコンをつかっててもVistaは勝手に何でも変更で着ないようになっています、余計なお世話といわざるをえない設定ですね!

【結論】
ここでは認識されていないプロダクトキーということで認証確認できていないけれど
キーが判明したら必ず正式承認ができるはずです!

SLMGR.VBS -ipk (自分のエディションのプロダクトキー)

ライセンスファイルは正常にインストールされましたとなる。

SLMGR.VBS -ilc E:\ASUS.XRM-MS

salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved
【ビジネスソフトの活用】
ウインドウズ・ビスタ教室
エディション比較
Vistaクラック方法