LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

Power Point   パワーポイントのスライドをデザインする!

時計市場
ブロガー

Power Point   パワーポイントでスライドをデザインする!

salepro.jp お問い合わせ
お役立ち情報
フリーソフトの活用
グーグルの活用
PC 趣味の活用
NETで稼ぐ
NET環境を整える

スポンサー

Power Point   パワーポイントで文字を入力する!

【ビジネスソフトの活用】
パワーポイント教室
パワーポイントの使い方
新規作成とスライドの追加
レイアウトとデザインの選択
スライドをデザインする
ワードアートを使う
文字の入力
罫線を挿入する
表を挿入する
画像の挿入と設定
保存あれこれ
印刷の仕方
スライドショーの設定
PowerPointパワーポイント初期画面のデザインが完成

Power Pointパワーポイントの「ウオッチコレクション」を作成するにあたって「四角形」で図形を作成し「色」の指定をします。ここは「色」の指定は単色ではなく「グラデーション」の設定もしてみます。そうすることにより、少しでも見た目が違ってくると思いますし、今後もどんどん活用できると思います。そして初期画面のデザインは次回の「文字の入力」解説が終わったところで完成します。
後はコンテンツを組み合わせてゆくだけです。では始めて見ましょう!

 Power Pointパワーポイントの基本がわかったところで、いよいよ 「ウオッチコレクション」を作成してみましょう。パワーポイントにはスライドのデザインがたくさん用意されていますが、 趣味で使えるものはいまいちいいものが無いので、デザインやスライドのレイアウトは無視して進めて見ましょう。

Power Pointパワーポイントの下段のアイコンの「四角形」をクリックして四角形を描きます。

 次に、「MEMO」として後々入力する箱もここで作成しておきます。先の「四角形」を描いてから(大きさは任意)色の指定を同じようにします。ここでの色の指定は「線」=グレー、「四角形内の色」=薄いグレーを指定しています。この薄いグレーもグラデーション設定しておきましょう。

これで、一応スライドのデザインの一部が完成しました。次回は、「アートワークギャラリー」で文字を作って、スライドのデザインを完成させます。

 「オートシェイブの書式設定」で「色」の指定と枠の線は 「線なし」を指定した「四角形」できましたので、コピー、ペーストしてこの「四角形を」を上段には2本、下段に1本としています。

 「オートシェイブの書式設定」で「線」の有り無しや太さの指定もできます。
ここでは、四角形の「色」だけを指定し、枠の線は「線なし」を指定しています。

 「塗りつぶし効果」のウイザードの「グラデーション」をクリックします。
「色1」で色の変更もできます。「グラデーションの種類」の「横(Z)」にチェックを入れ、「バリエーション(A)」で右下のバリエーションを選択しています。適宜好みのバリエーションを選択してください。     最後に「OK」をクリックします。

「オートシェイブの書式設定」ウイザードの「色と線」をクリックし、「塗りつぶし」の「色(C)」で任意の色を指定します。ここでは「薄いグレー」を選択しています。次に「塗りつぶし効果(F)」をクリックします。ここでグラデーションの指定をします。

Power Pointパワーポイントで「四角形」が描けたら、この四角形の任意のところにマウスを「右クリック」し、「オートシェイブの書式設定(O)」をクリックします。

salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved
パワーポイント教室
パワーポイントの使い方 罫線を挿入する
新規作成とスライドの追加 表を挿入する
レイアウトとデザインの選択 画像の挿入と設定
スライドをデザインする 保存あれこれ
ワードアートを使う 印刷の仕方
文字の入力 スライドショーの設定