LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

Illustrator  イラストレーター教室

時計市場
ブロガー

Illustrator   イラストレーター教室

salepro.jp お問い合わせ
お役立ち情報
フリーソフトの活用
グーグルの活用
PC 趣味の活用
NETで稼ぐ
NET環境を整える

スポンサー

Illustrator   イラストレーターとは?

 アドビ社の「Illustrator」(イラストレーター)で様々なイラストを描いてみましょう。

■イタリアの名車「アルファロメオ」のクラッシクカーを描いてみましょう。ルパンV 世のアニメでも出てくるツーシート・オープンカーですよね!
■「阪神タイガース」のロゴマークにも挑戦してみましょう。

まずはイラストレーターの全体像を理解できれば、あとはツールや特殊加工方法等は繰り返し練習することで確実に身につき、様々なイラストやロゴ、地図などに挑戦できるようになります。 すべてはなれることからはじめましょう!

アドビ社のこのIllustrator・イラストレーターでさまざまなイラストが描けたら、どんなにすばらしい事でしょう!と思いませんか? イラストレーターはその名の通り、イラストを描いたりロゴマークを作成したり、パブリッシュメントでは必須の描画ソフトの代表格です。当然の事ながら宣伝広告製作部門のクリエイターたちにとっては無くてはならないソフトでもあります。このようにプロが使用するIllustratorイラストレーターを是非ともマスターし、使いこなして活用してゆきたいものです!

まずは、基本的なツールの使い方から始めて慣れてゆくことにより誰でも、イラストが描けるようになりましょう!

Illustrator   イラストレーターの概要

Illustrator の作業エリアは、アートワークの作成と編集が効率よく行えるように構成されています。作業エリアには、次の構成要素があります。

Illustrator の作業エリア    内  容
   A. メニュー  メニューバーのメニューには、操作を実行するためのコマンドがあります。
   B. ツール  ツールボックスには、アートワークの描画や編集のためのツールがあります。
   C. アートボード  アートボードでは、アートワークの描画や配置を行います。
   D. パレット  パレットを使用して、アートワークの確認や修正を行います。
イラストレーター教室
【ビジネスソフトの活用】
イラストレーター教室
チュートリアル
イラストレイターの基本
描画の基本
イラストレーターの実践
salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved
イラストレーター教室
チュートリアル
イラストレイターの基本
描画の基本
イラストレーターの実践